バーコードリーダー バーコードスキャナー ハンディターミナル バーコードプリンタの販売、ソフトウェア開発:自動認識デバイスのウェルコムデザイン

工業用ラベル

部品管理、工程管理、入出庫管理、出荷管理(実績管理)、生産管理(金型管理・計測器管理)などの工業用途で利用されているラベルです。当社では、バーコードに対してお客様のご希望される品質レベルに応じて、目視による検査から全数読取検査や高度な検証機を使用した検査などを組み合わせ、お客様の品質要求にお応えしています。

サンプルNo. 211-024 2112 1911
サンプル画像 211-024 2112 1911
製法 熱転写プリント 熱転写プリント レーザープリント
素材 ミラーコート紙(強粘着) PET蒸着ケシ銀50μ
(超強粘着)
発泡PET白50μ(超強粘着)
ラミネート なし PET透明16μ PET透明艶消25μ
サイズ 11mm×62mm 4-2R 10mm×25mm 4-1R 25mm×45mm 4-2R
色(可変情報プリント部除く) なし なし 1色(特色青)
可変情報 バーコード CODE39 12桁 QRコード、英数字 バーコード NW-7 9桁

初期費用

ラベルの初期費用構成項目として、版下代、帳票代、フィルム代、刃型代に分けることができます。

項目 概要
版下代 版を作る元となる原稿作成費
帳票代 可変情報プリント部の帳票作成費
フィルム代 フィルム費
刃型代 ラベル形状に裁断する刃型費

※初期費用は、初回発注時のみ必要となり、リピート発注時には、必要ありません。
ただし、前回発注より、2年を経過すると廃棄処分するため、再度、必要になります。

※版下詳細については、シール・ステッカー同様となるため、「シール・ステッカーの原稿作成」ページをご覧ください。

製法

工業用ラベルの主な製法には、熱転写プリントとレーザープリントがあります。当社で製作している工業用ラベルの多くは、熱転写プリントで製作していますが、用途や製作数量等により、適した製法が異なり、選択には十分な検討が必要となります。製法のご選定に迷われる場合はお気楽に当社営業担当までご相談ください。その際には、下記の点についてお知らせください。

  • どのような用途で使用するのか
  • 貼る場所や材質(凹凸面、曲面、角面、繊維等)、条件(屋外、屋内、湿気、熱、温度、薬品等)
  • 使用期間や使用数量はどの位か
  • 永久粘着か一時粘着か
  • 貼り付ける時はオートラベラー使用か手で貼るか
製法 熱転写プリント レーザープリント
上質紙 ×
アート紙 ×
ミラーコート紙 ×
合成紙 ×
PET蒸着消銀 ×
発泡PET白
PET白
PET透明 ×
最大サイズ ※1 75mm×175mm 145mm×215mm
量産性 少量向き 大量向き

※ 主な素材は、「〇:選択可,△:各種条件・制限により選択可,×:選択不可」で評価しています。

※1 上記サイズより大きなサイズをご希望される場合には、別途、ご相談ください。

ラベル作成素材

工業用ラベルの素材については、「粘着紙・粘着フィルム」ページをご覧ください。

粘着紙・粘着フィルム

ラミネート加工

ラミネート加工とは、シール、ステッカー、ラベルなどの表面に透明のフィルムを貼る処理のことです。ラミネート加工により表面保護(擦れ・色落ち防止)や艶、耐水性、高級感の向上などの効果があります。また、特殊ラミネートフィルムを使用することにより、マット感やシボ感を与えたり、紫外線をカットして印刷の退色を抑えることも出来ます。

主なラミネート材 特徴
PET透明 16μ 一般的。安価
PET透明 25μ(艶有り) 上記に比べやや厚手のタイプ
PET透明 25μ(艶消し) 上記の艶無し仕様
ラベルについてお問合せ

UL・CUL対応、環境対応を含め、価格や納期については弊社までお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

ラベル作成関連製品・類似製品


※改良の為、予告無く外観・仕様を変更する場合があります。
※各製品名・社名は該当各社の商標又は登録商標です。