バーコードリーダー バーコードスキャナー ハンディターミナル バーコードプリンタの販売、ソフトウェア開発:自動認識デバイスのエキスパート ウェルコムデザイン

製品情報

diBar Watch ウェアラブルバーコードリーダ

diBar Watch ウェアラブルバーコードリーダ
diBar製品リスト
diBar Watch
ウェアラブルバーコードリーダ
カタログ DL
ベストプライス

◆意匠登録 第2014-019288号

Bluetooth通信
バーコードスキャンBluetoothBluetooth安心保証1年
  • 特長
  • 便利な機能
  • 仕様
  • 型番
特長
  • バーコードリーダのあたらしいカタチ
    身に付けるウェアラブルバーコードリーダ
    通常業務は両手が自由に使えます
  • Bluetooth Class2(10m無線通信)
    スマホと連携かんたん!
    SSP対応でペアリング時のパスキー不要
  • データコレクタとしても使える
    (バッチモード)
  • バイブレータ搭載
    騒音のある現場でも読み取り確認がしやすい
  • 用途が広がる便利な機能
    データ照合・利用者限定・GS1編集
腕時計のように身に付けるバーコードリーダ
用途が広がる便利な機能の詳細はここから

状況にあわせて
取り外しての使用もらくらく

diBar Watch はバンドベースから取り外しても使用できるので、作業も滞りなく進めることができます。

片手で装着・脱着ができます

無線/有線リーダ・データコレクタとしても使える

無線通信は Bluetooth Class2 ( 見通し 10m 通信距離 )、iPhone やAndroid などのスマートフォンと連携が可能。
パスキー不要の SSP にも対応しているため、わずらわしいペアリング作業は不要です。
バッチモードでデータコレクタにもなります。リムーバブルディスク(*)としてデータの読み出しが可能です。

(*)データ保護のため、新規作成・編集・削除などは行えません。

モード切替で無線・優先・データコレクタとしてもつようできます。

3つのキーで簡単オペレーション

キー配列
トリガーキー
バーコードを読み取ります。シリアルコマンドにより、ホストデバイスからトリガをかけることも可能です。
ファンクションキー
ファンクションキーで、バッチモードの切り替え・メモリデータ送信などの操作を効率的に行えます。

スキャン位置は4方向に固定可能

スキャンウィンドウは4つの向きに固定可能。 左右どちらの腕に付けても、使い勝手は変わりません

4方向に固定可能

バンドカラーバリエーション

バンドカラー

InfoHunter(TM) Plus for Smart Phone ! iPhone/iPad/Androidで即業務が可能 ! 

スマートフォン/タブレット専用 データ収集サポートアプリ「InfoHunter(TM)Plus」と連携すれば、機動力のある業務が遂行できます。

■ InfoHunter(TM) Plus の主な機能

  •  コード・数量・画像(カメラ)の収集が可能
  •  マスタ参照
  •  収集データのFTP送信
  •  収集データのメール送信
  •  収集データのプリンタ出力(Android)

インフォハンターの詳しい内容はここのリンクから

カスタマイズも承ります

ハウジングカラーの変更やウォッチバンドのカラー・デザイン変更など、リクエストによるカスタマイズも承ります。気軽にお問合せください。

データ照合機能

最初に読み取ったバーコードと次に読み取ったバーコードを照合し、OK/NG の判定を行う機能です。 医療現場では誤投与防止など、人為ミスの防止に役立っています。

■実用例(医療現場の場合)

データ照合の手順

(*)1対1照合では、照合元と対象のコードを順番に読み取り判定します。
対象コードを複数読み取っての判定はできません。

利用者限定機能

利用者限定機能を使うと、登録した人だけがdiBar Watchを使えます。
利用者限定機能で、部外者からデータをがっちりプロテクト

■利用者コードをスキャンしてから、業務スタート!

データ照合の手順

■なりすまし対策も!

アイドル状態が続くと、利用者コードの再スキャンが必要になります。

GS1編集機能

GS1-128/GS1 DataBarの出力フォーマットを成形できます。
アプリケーションに応じた形に編集でき、データの抽出が効率的になります。

GS1とは

GS1とは、製造年月日、消費期限、有効期限、ロット番号、重量、梱包番号、発注番号など、データの先頭にAIという識別子を付けてデータ項目を管理するバーコードです。

GS-1 バーコード
出力フォーマット例
GS-1 バーコード
仕様

対応バーコードシンボル

一次元コード(バーコード)
JAN/EAN/UPC, コード39, NW7, インターリーブド25, インダストリアル25,
スタンダード25, コード128, GS1-128, コード93, GS1 DataBar, IATA, MSI, 他

読み取りフィールド参考図

読み取りフィールド参考図
項目 仕様
入力電圧 リチウムポリマ充電池3.7V,280mAh
充電時間 約3.5時間(フル充電)
動作時間 約11時間(1スキャン/10秒,BT常時接続)(*1)
メモリ 1024KBフラッシュ
インディケータ LED×4(赤,青,緑,橙),ブザー,バイブレータ
キー トリガキー,ファンクションキー×2
光学仕様 読取方式 リニアイメージセンサ 2500ピクセル
読取光源 赤色LED(623nm) x 2個
PCS値 >=30% min
分解能 0.0762mm
スキャン速度 300スキャン/秒 typ.
読取深度 20cm @UPC/EAN 100%(NB=0.33), PCS90%
無線インターフェイス Bluetooth Class2, プロファイル HID/SPPスレーブ (SPPマスター対応予定), SSP対応
通信距離 約10m
インターフェイス USBインターフェイス(HID/COM/リムーバブルディスク(*2)),
microUSBコネクタ
動作温度 0℃ ~ +45℃
保管温度 -10℃ ~ +70℃
周囲湿度 5% ~ 90% 氷結・結露無し
保護構造 IP54
外形寸法 Φ60mm x 12mm
重量 約36g(ベース/ベルト除く) 
耐落下 1.5mの高さからコンクリート面へ自然落下後、動作に支障なし
ESD +/-8KV 気中, +/-4KV 接触
適合規格 RoHS, FCC, TELEC
(*1) バーコードを正常に読み取れる位置に置いた状態での動作時間の目安です。保証値ではありません。
(*2) データ保護のため、新規作成・編集・削除などは行えません。
型番

■ diBar Watch ウェアラブル バーコードリーダ

型番 仕様
DBW1C
RoHS対応 
ダイバーウォッチ(白), USBケーブル&ハンドストラップ付属
DBW-BW ベース+ウォッチバンド(白)
DBW-BM-BLUE ベース+ウォッチバンドMサイズ(青)
DBW-BM-ORANGE ベース+ウォッチバンドMサイズ(オレンジ)
DBW-NS ネックストラップ, 水色
改良の為、予告無く外観・仕様を変更する場合があります。
各製品名・社名は該当各社の商標又は登録商標です。
バーコード
リーダ/ スキャナ/コレクタ