バーコードリーダー バーコードスキャナー ハンディターミナル バーコードプリンタの販売、ソフトウェア開発:自動認識デバイスのエキスパート ウェルコムデザイン

ホーム > iOS/Android専用 バーコードデータ収集アプリ InfoHunter(TM) Plus <インフォハンタープラス>

(*) 販売価格は、各ストアのレートによって変動している場合があります。

InfoHunter(TM) Plus とは

InfoHunter Plus(インフォハンタープラス) は手軽で使いやすいモバイルバーコードリーダとスマートフォンを連携させ、ハンディターミナル並みの業務ソリューションを提供するアプリです。

InfoHunter Plus を使うと、ターミナルを持ち帰ってネットワークやPC に接続しなくてもOK。
現場でFTP 通信やメールができるので、業務がリアルタイムに処理できます。出先や作業スペースが限られた空間、アクセスポイントから離れた場所でも、機動力を発揮します。

アプリが実現する現場(倉庫など)とシステムを連携させるソリューション

InfoHunter(TM) Plus の特長

業務に合った設定ができる 最大10 個の入力項目

1 つのメニューに対し最大10 個の入力項目が設定でき、各項目には「文字/ 数字/ 画像(カメラ撮影)」を割り当てることができます。

主な設定項目
  • データ形式 [ 文字/ 数字/ 画像(カメラ撮影)]
  • 初期値
  • マスタ参照
  • 抽出文字列
  • 共通/ 必須項目
  • 入力桁数
  • プリフィックス機能 など

QR コードでメニュー設定

メニュー設定をQR コードで簡単に行えます。
設定されたメニュー内容をQRコードで画面表示。
そのQR コードを他機で読み取ればメニュー設定を簡単にコピーできます。

主な機能

データ収集 バーコードリーダで読み取ったコードや数量や画像(写真)などのデータを収集します。日付、時刻、マスタデータも付加できます。
マスタ参照 マスタの参照ができるので、分かりやすく、作業ミスも少なくなります。
メール送信 収集データリスト(CSV)やデータをメールに添付でき、問合せや受発注などがすばやく簡単に行えます。
FTP 送受信 FTP サーバからメニュー設定データやマスタデータを受信したり、収集データを送信したりします。
収集データ
一覧表示
一覧表示でデータが閲覧できます。不要データの削除やCSV のメール添付やFTP 送信も可能です。
メニュー
ファイル機能
1 メニューに10 個の入力項目が設定できます。メニュー設定データはQR コードから読み込むこともできます。
SD カード
書込/ 読込
(Android のみ)
収集データ一覧(CSV)の書き込み、メニュー設定データやマスタデータの読み込みができます。
プリンタ出力
(Android のみ)
収集データ(一覧)をモバイルプリンタへ印刷できます。

購入/ 入手方法

各OS のストアサイトから購入し、ダウンロードしてください。

同じサイトから、評価用に無償(Free)版もダウンロードできます。 導入前に必ず無償版にて、実機ならびに使用環境での検証をお願いいたします。

業務支援アプリ
InfoHunter(TM) Plus

iOS版/android版 各¥2,000(税込)
■ iOS(iPhone/iPad 等)

App Store
■ Android

Google Play
ダウンロードサイトで、こちらも好評発売中

業務支援アプリ
InfoHunter(TM) Lite

iOS版/android版 各¥1,000(税込)

シンプルで軽量なInfoHunter。データ収集、マスタ参照、メール送信、FTP 送受信など基本機能を完備。

Windows版、BlackBerry版もあります。弊社までお問い合わせください。

App Store
Google Play

MobileWedge(TM)

android版 ¥500(税込)

Bluetooth(SPP) インターフェイスで入力されたデータ をキーボードデータに変換するユーティリティソフト

Google Play

(*) 販売価格は、各ストアのレートによって変動している場合があります。

アプリ開発・カスタマイズ

ウェルコムデザインではアプリの開発をおこなっております。

標準アプリのカスタマイズ、業務に合わせた専用アプリの開発も承っております。

標準アプリでは対応しづらい業務や特殊な用途でご利用される場合は、ぜひご相談ください。
すべて自社で対応しておりますので、ご要望に柔軟に対応いたします。

アプリ画面は、機種、バージョンによって異なる場合があります。
全てのデバイスでの通信を保証するものではありません。
導入前に実機による十分な動作検証をお願いします。
SIAAマークは、抗菌製品技術協議会ガイドラインで品質管理・情報公開された製品に表示されています。