バーコードリーダー バーコードスキャナー ハンディターミナル バーコードプリンタの販売、ソフトウェア開発:自動認識デバイスのエキスパート ウェルコムデザイン

ラベル作成銀塩アルマイト銘板<フォトネーム>
米国専門企業と技術提携し、主にバーコードなど光学的読取りに適した処理を施した艶消し表面のアルミアルマイト板に無機銀塩により画像形成したものです。艶消し表面は単にスキャナーに対し適当な乱反射面を形成するだけでなく、人の目にも画像を見易くしています。
ラベル作成製品サンプル

 

サンプルNo. 0621 2203 062-011
サンプル画像 0621 2203 062-011
サイズ 48mm×40mm 50mm×70mm 15mm×50mm
板厚 0.5mm 0.5mm 0.2mm
取付穴 4-2φ 4-5φ -
保護テープ なし なし なし
両面テープ なし なし なし
可変情報 なし バーコード NW-7 3桁 バーコード CODE39 3桁
外形仕上げ 切断・取付穴あけ 切断・取付穴あけ 切断
初期費用 版下代
フィルム代
プレス金型代 - - -
備考 - - -

※価格については、当社営業担当者までお問合せください。《見積り/注文フォーム》

ラベル作成銀塩アルマイト銘板<フォトネーム>の特性
◯艶消し表面のため、反射光による影響を受けることなく、画像が見易いです。
シルクスクリーン印刷オフセット印刷の製法と比べ、初期費用が低価格になります。
◯屋外で20年以上使用可能です。
◯耐熱仕様を選定することが可能です。
◯耐熱仕様の場合、260℃の温度で長時間露出されても読み取りやすさと鮮明さには、影響ありません。
◯耐熱仕様の場合、短時間であれば400℃でも影響ありません。
◯食塩水に浸しても、化学反応による電気浸食が生じなければ、無傷のままです。
◯食塩水の中では、炭素鋼に付着させることはしないで下さい。
◯殆どの化学薬品に対して読み取りやすさと鮮明さは、影響ありません。
◯溶剤に長時間浸けても目に見えるほどの劣化はありません。
ラベル作成素材
銀塩アルマイト銘板<フォトネーム>は、アルミニウム(JIS H 4000 A1100P)の表面に下記の処理を施した0.2㎜厚および0.5㎜厚の素材を使用しています。

密封処理前プレート断面 密封処理済プレート断面
【密封処理前プレート断面】 【密封処理済プレート断面】

※上記以外の板厚については、別途ご相談下さい。
ラベル作成
色は黒色に限定されます。
ラベル作成艶消し表面の利点
一般的な金属銘板の場合、バーコード部が鏡面であるとバーコードリーダーからの入射光が正反射となり、バーコードリーダーに戻ってこないため、読取りしにくくなります。フォトネームの場合には、艶消し加工された表面のため、適度な乱反射となり、バーコードの読取をしやすくしています。 艶消し表面の利点


ラベル作成保護テープ
保護テープ 保護テープとは、容易に剥がすことのできる粘着剤を塗布した透明フィルムです。製品の加工・輸送・保管時に発生するキズ、汚れ等から製品の表面を保護する役割を果たします。当社標準品として下記の保護テープ(マスキングテープ)を用意しています。また、下記以外にも多種多様な保護テープをご指定いただけます。下記以外の保護テープをご希望される場合には、別途、当社営業担当までご相談ください。

?Type 厚み(mm) 粘着力(N/20mm)
ステンレス アルミニウム
強粘着 0.06 3.0 3.5
弱粘着 0.06 1.3 0.6

※上記の数値は実測値であり、保証値ではありません。

ピックアップシール
ピックアップシール ピックアップシールとは、容易に製品の抜き取りが出来る目印であり、保護テープも剥がしやすくする役割を果たします。端部の色を変更することにより、類似品との識別を行うことが可能です。また、ピックアップシール単体のご購入も可能です。ピックアップシールについては、別途、当社営業担当までご相談ください。
ラベル作成両面テープ
両面テープ 両面テープとは、表と裏の両方が粘着するようになっている接着テープで、物と物を貼付ける役割を果たします。銘板に両面テープを貼付けることにより、容易に被着体への貼付けが可能です。当社標準品として下記の両面テープを用意しています。また、下記以外にも多種多様な両面テープをご指定いただけます。下記以外の両面テープをご希望される場合には、別途、当社営業担当までご相談ください。

Type 厚み(mm) ?180℃引きはがし粘着力
(N/20mm)
?基材
強粘着 0.17 12.5 不織布
普通粘着 0.15 12.0 不織布

※上記の数値は実測値であり、保証値ではありません。
ラベル作成外形仕上げ

銀塩アルマイト銘板<フォトネーム>の外形仕上げとして、プレスまたは切断・R取り・穴あけをご指定いただけます。

プレス
プレス金型を使用し、プレス加工する外形仕上げ方法です。特殊形状に加工する場合や数量が見込まれる場合、精度が要求される場合などに利用します。

プレス加工精度
寸法公差 ±0.1mm
抜き位置公差 ±0.3mm
プレス機 自動送りプレス機 プレス金型
【プレス機】 【自動送りプレス機】 【プレス金型】

 

切断・R取り・穴あけ
加工方法 加工概要
切断 切断機を使用し、外形の切断加工する仕上げ方法です。
R取り 切断後、R形状の金型を使用し、個別にプレス加工する仕上げ方法です。
穴あけ 円形の金型を使用し、個別にプレス加工する仕上げ方法です。

【当社所有R取り金型】
2R / 3R / 4R / 5R / 6R / 8R / 10R / 15R

【当社所有円形金型(φ)】
1.4 1.6 2.0 2.2 2.3 2.5 2.8 3.0 3.2 3.3
3.5 3.8 4.0 4.2 4.5 4.8 5.0 5.2 5.5 6.0
6.2 6.5 7.0 7.5 8.0 8.2 8.5 9.0 9.5 10.0
10.5 11.0 11.5 12.0 12.5 13.0 13.5 14.0 14.5 15.0
15.5 16.0 16.5 17.0 17.5 18.0 18.5 19.0 19.5 20.0
20.5 21.0 21.5 22.0 22.5 23.0 23.5 24.0 24.5 25.0
加工精度
寸法公差 ±1.0mm
抜き位置公差 ±0.5mm
ラベル作成設計上の注意点
耐候性・耐塩性・耐化学薬品性・耐溶剤性に優れていますが、使用前にテストする必要があります。テスト用サンプルについては、当社営業担当者まで<お申し付け>ください。
ラベル作成初期費用・製品単価

製品価格については、当社営業担当者までお問合せください。《見積り/注文フォーム》

銀塩アルマイト銘板<フォトネーム>の初期費用構成項目として、版下代、フィルム代、金型代に分けることが出来ます。
項目 概要
版下代 版下代は、版を作る元となる原稿作成費ですが、難易度により価格は異なります。ごく簡単な内容で4,000円程度です。
フィルム代 フィルム代は、製作時のワークサイズ面積により異なりますが、1,800円程度です。
プレス金型代 プレス金型代は、銘板の外形仕上げをプレス加工する際に必要となります。サイズや形状等により価格は異なりますが、ごく簡単な内容で240,000円程度です。

※初期費用は、初回発注時のみ必要となり、リピート発注時には、必要ありません。
※ただし、金型を除き、前回発注より、2年を経過すると、再度、必要になります。
※版下詳細については、「金属・樹脂銘板の版下原稿」ページをご覧ください。

ラベル作成納期
ご発注種別 金型製作 納期
新規発注品 なし 版下校正完了後または支給データ確認後、2週間にて請け賜っています。
あり 版下校正完了後または支給データ確認後、2ヶ月にて請け賜っています。
再発注品 - 2週間にて請け賜っています。

※大量ロットでご注文いただいた場合には上記納期が変わる場合があります。
※特急対応については、別途、当社営業担当までご相談ください。
ラベル作成規制物質含有について
銀塩アルマイト銘板<フォトネーム>に使用している素材については製造メーカーより下記報告(主な物質と含有する規制物質)を受けています。RoHS規制についてはクリアしており、弊社製作の銀塩アルマイト銘板<フォトネーム>についてはRoHS対応品となっております。

含有する規制物質
素材 含有規制物質 使用部位
フォトネーム カドミウム及びその化合物5%以下(不純物) 表面コーティング
鉛及びその化合物5%以下(不純物) 表面コーティング
水銀及びその化合物5%以下(不純物) 表面コーティング
ラベル作成サンプル・カタログ請求
サンプル・カタログ請求については、別途、弊社営業担当まで<お申し付け>ください。
ラベル作成関連製品・類似製品
銀塩アルマイト銘板<フォトネーム>の関連製品や類似製品として、下記の製品があります。

製品名 製品概要
アルマイト銘板 銀塩アルマイト銘板<フォトネーム>と比べ耐候性は劣りますが、安価です。ただし、バーコード銘板としては不適です。
セララベル 概ね600℃から1000℃位までの耐熱性を必要とする分野で使用されるバーコード銘板です。


※改良の為、予告無く外観・仕様を変更する場合があります。
※各製品名・社名は該当各社の商標又は登録商標です。