バーコードリーダー バーコードスキャナー ハンディターミナル バーコードプリンタの販売、ソフトウェア開発:自動認識デバイスのエキスパート ウェルコムデザイン

ラベル作成デジタルプリントラベル<デジタルオフセット印刷ラベル>
デジタルオフセット印刷は、デジタルオフセット印刷機を利用し、高品質な印刷をオンデマンドで出力する印刷方式です。従来の印刷と異なり、フィルムや版が必要なく、小ロット多品種生産に最適です。また、デジタル処理となるため、数字、バーコード、写真等の可変情報の差し替えが可能となり、新しい市場を開拓する、まさに現代の情報化社会にふさわしい無版・低コストな印刷方式です。
従来印刷 従来印刷
デジタルプリント デジタルプリント

ラベル作成製品サンプル

 

サンプルNo. 3004 302-002 3012
サンプル画像 3004 302-002 3012
素材 ユポ80μ(強粘着) ユポ80μ(強粘着) ユポ80μ(強粘着)
ラミネート なし PET透明16μ PET透明16μ
サイズ 30mm×50mm 4-2R 16mm×47mm 4-2R 65mm×43mm 4-2R
可変情報 文字
バーコード CODE39 11桁
文字
バーコード NW-7 10桁
なし
初期費用 版下・帳票代
刃型代
備考 - - -

※価格については、当社営業担当者までお問合せください。《見積り/注文フォーム》

ラベル作成素材

デジタルプリントラベルの素材は、基本的に下記の2種類です。

主な素材 特徴
上質紙<70>(強粘着) 上質紙は、合成紙(ユポ)と比べ、安価な素材ですが、素材表面が荒く印刷の仕上がりはあまり良くありません。
合成紙(ユポ)80μ(強粘着) 合成紙(ユポ)は、プラスチックを主原料にしたもので、紙の特性である白さ、不透明度、印刷適正とプラスチックの特性を併せ持っています。
ラベル作成ラミネート加工
ラミネート加工とは、シール、ステッカー、ラベルなどの表面に透明のフィルムを貼る処理のことです。ラミネート加工により表面保護(擦れ・色落ち防止)や艶、耐水性、高級感の向上などの効果があります。また、特殊ラミネートフィルムを使用することにより、マット感やシボ感を与えたり、紫外線をカットして印刷の退色を抑えることも出来ます。


主なラミネート材 特徴
PET透明 16μ 一般的。安価。
PET透明 25μ(艶有り) 上記に比べやや厚手のタイプ。
PET透明 25μ(艶消し) 上記の艶無し仕様。

ラベル作成最大サイズ

デジタルプリントラベルの最大サイズは、280mm×200mmです。

※上記サイズより大きなサイズをご希望される場合には、別途ご相談ください。

ラベル作成形状

ラベルの形状としては、四角形角なし、四角形角R付き、円形、楕円形が多く使用されています。四角形では、剥がれ防止の為、若干の角Rをつける場合が多く、Rが小さいとシャープなイメージになり、Rが大きいとやわらかなイメージになります。

図面やラフスケッチなどで形状をご指定いただくことにより特種な形状も製作させていただきます。

角R

ラベル作成
CMYKプロセスカラーによる印刷になります。 デジタルオフセット印刷機の特性により、以下のようなデータはご期待にそえる印刷ができない場合がありますので、ご注意下さい。

〇10%以下の平網やグラデーション 〇0.1mm以下など、特に細い罫線
〇広い面積にわたる平網・ベタ 〇薄い色やかけ合せの色による文字

※独自の液体トナーを使用しておりますので従来の印刷とは色の仕上がりが若干異なります。何卒ご了承ください。
ラベル作成可変情報部の色
熱転写プリントラベルの可変情報部の色は、黒色に限定されます。
ラベル作成可変情報
下記の可変情報に対応しています。
可変情報 対応
文字 文字書体として、Windows True Type Fontをご選択いただけます。また、文字色もご指定色での可変情報印刷が可能です。
バーコード JAN, NW-7, Code39, ITF, Industrial 2of5, Code11, Code93, Code128, UPC, MSIほか
二次元コード QRほか
画像 EPS形式CMYKモード216dpiの画像データの可変情報印刷が可能です。
ラベル作成包装形態

ラベルの主な包装形態には、ロール仕上げと折り仕上げがあり、その内、ロール仕上げが安価となるため、良く使用されています。

ラベル作成ロール仕上げ詳細仕様

1)内巻・外巻のご指定があればお申し付け下さい。
外巻はラベルが包装外側に見える方向で巻きつけた状態となり、内巻はラベルを紙管側にして巻きつけた状態になります。

2)列のご指定があればお申し付け下さい。

3)ラベルの向き(頭出し/尻出し/左出し/右出し等)にご指定があればお申し付け下さい。

4)紙管サイズ(内径)をご選択下さい。
紙管サイズは一般的に1インチ(25.4mm)または3インチ(76.2mm)が使用されています。その他特殊サイズについては別途ご相談下さい。

5)一巻ごとの巻数をご指定下さい。

ロールの直径早見表
基材 紙管 長さ
10m 20m 30m 40m 50m 75m 100m
上質紙<70> 1インチ 59mm 80mm 91mm 104mm 115mm 139mm 159mm
3インチ 93mm 107mm 119mm 129mm 138mm 158mm 177mm
合成紙80μ 1インチ 58mm 76mm 91mm 103mm 115mm 139mm 159mm
3インチ 96mm 108mm 119mm 129mm 138mm 158mm 176mm

ラベル作成初期費用・製品単価

製品価格については、当社営業担当者までお問合せください。《見積り/注文フォーム》

ラベルの初期費用構成項目として、版下代、帳票代、フィルム代、刃型代に分けることが出来ます。
項目 概要
版下・帳票代 版下代は版を作る元となる原稿作成費で、帳票代は可変情報プリント部の帳票作成費ですが、難易度により価格は異なります。ごく簡単な内容で4,000円程度です。
刃型代 刃型代は、形状やサイズ、付数により異なりますので、一概にはいえませんが、最低4,000円程度必要になります。

※初期費用は、初回発注時のみ必要となり、リピート発注時には、必要ありません。
※ただし、前回発注より、2年を経過すると廃棄処分するため、再度、必要になります。
※版下詳細については、シール・ステッカー同様となるため、「シール・ステッカーの原稿作成」ページをご覧ください。

ラベル作成納期
版下校正完了後または支給データ確認後、1ヶ月にて請け賜っています。

※大量ロットでご注文いただいた場合には上記納期が変わる場合があります。
※特急対応については、別途、当社営業担当までご相談ください。
ラベル作成サンプル・カタログ請求
サンプル・カタログ請求については、別途、弊社営業担当まで<お申し付け>ください。
ラベル作成関連製品・類似製品
熱転写プリントラベルの関連製品や類似製品として、下記の製品があります。

製品名 製品概要
レーザープリント レーザープリントは、物流管理用バーコードラベルの製法としては、もっとも一般的な製法です。
デジタルプリントラベル デジタルプリントラベルは、熱転写プリントやレーザープリントと異なり、可変情報部も黒色以外の色で印刷できます。


※改良の為、予告無く外観・仕様を変更する場合があります。
※各製品名・社名は該当各社の商標又は登録商標です。